トップページ

    このサイトではマーキュリーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「マーキュリーの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    フォードのマーキュリーを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、マーキュリー(Mercury)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なのでダントツ№1!最大50社へマーキュリーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「できることなら高く売りたいからマーキュリーの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているマーキュリーの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札金額を提示するので、アメ車のマーキュリーを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    マーキュリーの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「アメ車で数年落ちのマーキュリーの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時はすぐに即決することなく、複数社に査定してもらうことでマーキュリーの高額買取が実現します。

    最大で10社がマーキュリーの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのマーキュリーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がアメリカ車のマーキュリーの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したマーキュリーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、アメリカ車のマーキュリーであれば他の買取業者より高く売ることができることがあります。
    なので、アメ車のマーキュリーを売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを使って買取金額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたマーキュリーを売りましょう。







    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、査定時に減額されないことが多いので、あまり気にすることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり目でハッキリ分かるへこみがある場合、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、減額されるのが嫌だからと言ってたとえ自分で修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    ボディにキズやへこみがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    自分で直そうとするよりも、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が費用を低く抑えることができるからです。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元凶となります。

    しかしながら、修理歴のある車が全部修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし全損はおおまかにふたつに分けられます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、まずは売却前に完済を求められるでしょう。

    それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、名義もローン会社であることが普通だからです。

    業者に売る前にローンの残りをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。

    もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで業者間の競争心を煽り、高い買取額を狙うというのもありです。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、競合する相手がいませんから相場より安い価格になってしまうかもしれません。

    しかし同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、プラス査定になることが多いです。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取から売却の間に流行が終わっている可能性が高いからです。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではさほどプラス査定にはならないのです。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    同時に売却と購入ができてしまうため、買取業者を利用するのにくらべると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくことが挙げられます。

    利益は多い方がいいというのであれば、やはり買取業者に勝るものはありません。