トップページ

    このサイトではマーキュリーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「マーキュリーの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    フォードのマーキュリーを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、マーキュリー(Mercury)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なのでダントツ№1!最大50社へマーキュリーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「できることなら高く売りたいからマーキュリーの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているマーキュリーの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札金額を提示するので、アメ車のマーキュリーを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    マーキュリーの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「アメ車で数年落ちのマーキュリーの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時はすぐに即決することなく、複数社に査定してもらうことでマーキュリーの高額買取が実現します。

    最大で10社がマーキュリーの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのマーキュリーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者がアメリカ車のマーキュリーの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したマーキュリーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、アメリカ車のマーキュリーであれば他の買取業者より高く売ることができることがあります。
    なので、アメ車のマーキュリーを売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを使って買取金額をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたマーキュリーを売りましょう。







    車の査定金額が下がる主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    ケースによっては0円にまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    ボディにキズやへこみがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、数は多くありませんが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、状態やニーズ次第です。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら査定はプラスになるでしょう。

    ただ、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、マイナス評価が入ることもあります。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、マイナス要素になりえます。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、訪問査定も気楽に受けることができる上、買取額が増える可能性もあります。

    まずは出来るところから、掃除を徹底しましょう。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は好まれますし査定額にも影響してきます。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    年間走行距離数は普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてゼロ円査定などという可能性もあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、なにより簡単です。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならばディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    当然ですが車検切れの車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。